申し込んで安心 HTMは、近畿日本ツーリストのグアム現地法人です。現地はもちろん、出発前や、帰国後のフォロー体制は万全です。 参加して安心 HTMは、万が一に備え、すべてのツアーに保険加入を義務付けをしており、加入確認を徹底して行っています。 アフターケアの充実 現地○○箇所のツアーデスクを設けており、すべてのツアーデスクが窓口となり、日本語で対応しています。

グアム最新情報ブログ

ハットトリックホリデーのブログ

ハットトリックホリデイがコアなグアム情報をお届けします。 

グアム深海のお魚たち


水深300メートルのグアム近海で水揚げされたお魚を紹介します。

dp2.JPG
















同じ赤い色をしてますが、両者種類が異なります。
上の尾が長いほうがオナガです。これは小ぶりなんですが成長すると体調は1メーターを越えます。

下はアカムツでノドグロとも呼ばれています。
グアムではエフーと呼ぶのが一般的です。
オナガもノドグロも皮に旨味があるので、刺身は皮を引かずに霜造りがお勧めです。


dp1.JPG
















特に私が好きなオナガは、グアム市場に出ると1ポンド16ドルの値をつけます。
スズキの仲間なのですが、時間が経っても味が落ちにくい魚です。
こいつが一番高い値がつく高級魚です。

dp3.JPG
















今回はムツブリもありました。皮を引いた感じはアジに似ています。
少し身がやわらかく水っぽい感じなので次回はナメロウにしてみます。

深海の魚は海水温も低いので脂の乗りも良く、まさに白身のトロです。


dp4.JPG



















これはロウニンアジでGTと呼ばれる魚ですが、大きいものは食べることが出来ません。
釣り上げる際、アジゆえに引きが強く華麗なジャンプをすることからルアーフィッシングが
好きな人にはたまらない魚です。

釣った後はキャッチアンドリリースしますが、グアムではこんな港からのエントリーで釣れてしまうのです。

dp5.JPG

























記事が“いいね”と思ったら

コメント(0) | トラックバック(0)
2014年6月20日 16:09

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.htmguam.com/mt/mt-tb.cgi/248

コメントする

ページトップに戻る
Copyright(c)2003-2009 All rights reserved by Holiday Tours Micronesia (Guam), Inc.