ゲストさん、いらっしゃいませ。
ログイン
申し込んで安心 HTMは、近畿日本ツーリストのグアム現地法人です。現地はもちろん、出発前や、帰国後のフォロー体制は万全です。 参加して安心 HTMは、万が一に備え、すべてのツアーに保険加入を義務付けをしており、加入確認を徹底して行っています。 アフターケアの充実 現地○○箇所のツアーデスクを設けており、すべてのツアーデスクが窓口となり、日本語で対応しています。

日本への帰国

グアムは東京から南へ2,600km、淡路島ほどの大きさでミクロネシア最大の島です。アメリカの準州で、首府はハガッニャ。サンゴ礁に囲まれたとても美しい島です。

グアムの気候

熱帯海洋性気候で、年間平均気温は26℃。一年中ほとんど変わることはありません。雨季(7~11月)と乾季(12~6月)があり、年間平均降雨量は約2600mm。雨季でも、一日中降ることはめったになく、ザッと降ってスッキリ止むスコール雨。日射しは強いですが、海からの風が心地よく吹いていますので、じとじととした暑さは感じられません。

電子渡航認証システム(ESTA)

グアムに短期商用・観光目的にて入国する際には、2つの査証免除プログラム「米国査証免除プログラム」と「グアム・北マリアナ諸島査証免除プログラム」があります。日本国籍のお客さまで45日以内の滞在の場合は「ESTA(電子渡航認証システム)」への登録は必要ありませんので「グアム・北マリアナ諸島査証免除プログラム」をご利用の上、入国して下さい。一方、「米国査証免除プログラム」をご利用の上、入国される場合は「ESTA(電子渡航認証システム)」への登録が必要です。登録はお客さまご自身で行うことも可能ですが旅行会社でも代行入力(有料)を行っております。

ESTA

おこづかい

現金(円からUSドル)両替は日本で。

チップや電話、細かい買い物には現金が必要です。グアムは日本より交換レートが悪いので、出発前に日本で両替を済ませた方がお得です。$1、$5、$10といった小額の紙幣を準備すれば便利です。

現金よりトラベラーズチェックが安心。

トラベラーズチェック(USドル)は券面に金額が記載された旅行者用の小切手です。旅行会社・郵便局・銀行で購入できます。購入したら全部の券面の所持者欄にサインし(漢字でOK)、使用時にもう1ヶ所にサインをします。紛失・盗難時は再発行が可能です。控えは別に保管し、使用記録もメモしておきます。

まとまった支出はクレジットカードで。

カードはID(身分証明)としても役に立ち、各種サービスなどの付加価値もありますので 1枚は携帯しておきたいものです。カードの期限と限度額は出発前にご確認ください。伝票の金額は確認の上でサインしてください。カード番号と連絡先は別に控えておきましょう。

チェックリスト

  • ESTAの準備は?
  • 持ち物の準備は?
  • お小遣いの準備は?
  • 旅行傷害保険の加入は?
  • 空港への足の確保は?
  • 事前申込はされましたか?
    (オプショナルツアー、レンタカー、駐車場、荷物宅配など)

グアムでのT・P・O

観光やショッピングには...

いつもの夏用の服装で十分です。ただし、強い日射しを防ぐために、サングラス、帽子の準備を。店内や観光バス内での冷房対策に薄手の上着の用意を忘れずに。


ビーチへは...

もちろん水着。その上にビーチウェアか、Tシャツを羽織り、サンダル履きで。ビーチタオルを忘れずに。リーフ(環礁)を歩くにはジョギングシューズなどが安全です。


レストランで...

カジュアルな店では普通のリゾートウェアで、ホテルのダイニングルームや高級店では女性はワンピースなど、男性は襟と袖のあるシャツにスラックス。どちらにしても、レストランではサンダル履きは厳禁。


出発当日は...

機内でゆっくりできる普通の服装で。冬は重ね着ルックでの出発がおすすめ。空港にある手荷物サービスにコートを預ける事も出来ます。


知ってると便利!

硬貨の通称

1セント:「ペニー=Penny」
5セント:「ニッケル=Nickel」
10セント:「ダイム=Dime」
25セント:「クォーター=Quarter」

1係員が空港まで

帰国の際、荷物の整理は前日までに済ませておきましょう。

  • 機内託送荷物、手荷物を分類します。
  • パスポートや免税品引換え証、割れ物類、貴重品は手荷物にします。お土産のチェックも。ホテルのチェックアウトは各自が集合時間前に済ませておきます。
  • 鍵をフロントに返し、電話代や部屋の冷蔵庫の使用、ルームサービスなどの精算を済ませます。
  • 係員から手続き済みの搭乗券を受け取り空港へ向かいます。(空港で渡される場合もあります。)

2搭乗手続き

航空会社のチェックインカウンターにパスポートと搭乗券を提示して下さい。機内託送荷物がある場合は、その引換証(クレームタグ)をお受取になり、日本の空港で荷物を受け取るまで必ず保管してください。

3機内託送荷物検査

搭乗手続きの後、機内託送荷物検査があります。検査官に搭乗券と機内託送荷物を預けて下さい。お預けの際は施錠しないで下さい。お預け後は、3階の出発ロビーにお進み下さい。機内託送荷物がない場合は、[2]の搭乗手続き後、そのまま3階の出発ロビーにお進み下さい。

4手荷物・身体検査

3階の出発ロビー入口にてパスポートと搭乗券を係員にお見せ下さい。係員が確認します。ハイジャック防止のために、全員が金属探知機を通りチェックを受けます。また、機内持ち込み手荷物検査もあります。

5搭乗

搭乗券に記載されている出発ゲート番号をご確認ください。(出発ゲートが急に変更になる場合がありますのでご注意ください。)搭乗前に市内の免税店で買い物をした商品は免税品引き換え証を渡し、空港内免税店で受け取ります。
機内で「税関申告書」が配られますのでご記入ください。

日本入国の際の免税範囲

酒類、たばこ、香水以外のものは、基本的に合計20万円(海外市価)まで免税を受けられます。細かい規定は下の表の通りです。酒類、たばこについては未成年者(20歳未満)は免税扱いにはなりません。また、免税範囲を越えている場合は、申請書に品名、価格を記入し税関に提出してください。別送品がある場合は申告書2通が必要です。

免税範囲 (成人一人あたり)

  品名 数量・価格 備考
1 酒類

3本
(1本760ml程度のもの)

950ml瓶は1.25本分(未成年者は免税枠なし)
2 たばこ 紙巻たばこ 200本(ただし他のたばこがない場合) 2種類以上のたばこの場合は、総重量が250gまで。日本製のたばこは、外国製たばこと別枠で同数量まで免除
(未成年者は免税枠なし)
葉巻たばこ 50本(ただし他のたばこがない場合)
その他のたばこ 250g
(ただし他のたばこがない場合)
3 香水 2オンス 約50cc
4 その他 20万円
同種類の品物を合計した金額が1万円以下のものは算入されない

持ち込み禁止品/規制品

■ 輸入が禁止されているもの

麻薬類、コピー商品、ポルノ雑誌、ポルノビデオ、通貨または証券類の偽造品・変造品、家畜伝染病予防法または植物防疫法で定める動植物とその製品などを持ち込もうとしたときは摘発されますのでくれぐれもご注意ください。

■ 輸入が規制されているもの

鉄砲、刀剣類、植物、動物 (日本向けの検疫証明がついたものを除く)ワシントン条約該当生物(絶滅の恐れがある野生動物やまたそれらを原材料とした製品)

荷造りの際お読みください

航空機に預けられる荷物はお1人1~2個(各航空会社によって異なりますのでご確認下さい。)、機内持込手荷物(ハンドバックの他に)お1人1個です。
(この情報は2011年10月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。)

日本に持ち帰ることができない物(航空機に預けることも機内持ち込みも不可) 全てのライターとマッチ、爆発物、燃料類(ライター用燃料含)、花火、エアゾール(化粧用を除く)、防水スプレー、ガスボンベ、液体漂白剤、塩素水(クロリン)、スプレーペイント、シンナー類、爆弾、等
必ず預ける荷物に入れる物(機内持込手荷物として持ち込み不可)
廃棄か再起チェックインが必要
ハサミ、刃物、かみそり(眉毛用等)、爪切り(小さなものもダメ)、ピストルや刃物の形をした物、とがった物(針・アイスピック等)、金属工具類、バット、弓矢、ゴルフクラブ、玉突きのキュー、マーシャルアーツの道具(ヌンチャック等)、等
機内持込手荷物にしたほうが良い物 現像前の写真フィルム(手荷物検査の際に係員に個別検査を申し出ることもできます)
機内持込手荷物検査で細かく調べられる物 携帯電話、コンピューター、靴底の金具(ヒール含む)、金属類の身に付ける物、アクセサリー、ワイヤー入り下着、鍵類、コイン、等

日本到着後

6検疫

グアムから帰国する場合は、基本的には関係ありませんが、体調に異変がある場合は申告します。

7入国審査

日本人専用の列に並びます。パスポートを提出し、入国証明スタンプをもらいます。

8手荷物受け取り

搭乗便名が表示されたターンテーブルから預けた荷物を受け取ります。

9動植物検疫

フルーツ、切り花、食肉類などすべての検疫を受けます。グアムの検疫証明書のない物は廃棄処分となるのでご注意を。また、途中で開梱もしないようにしましょう。

10税関

免税範囲を越えていない場合は緑のランプの検査台へ進みましょう。越えている場合は赤のランプの検査台へお進み下さい。

機内で記入した税関申告書とパスポートを係員に提出します。(免税範囲については「日本入国の際の免税範囲」欄を参照)

11出口

手続きが終了したら、ロビーへお進み下さい。荷物はここから宅配の利用も可能です。出発のときに空港で預けた荷物も忘れずに。

ページトップに戻る
Copyright(c)2003-2009 All rights reserved by Holiday Tours Micronesia (Guam), Inc.