ゲストさん、いらっしゃいませ。
ログイン
申し込んで安心 HTMは、近畿日本ツーリストのグアム現地法人です。現地はもちろん、出発前や、帰国後のフォロー体制は万全です。 参加して安心 HTMは、万が一に備え、すべてのツアーに保険加入を義務付けをしており、加入確認を徹底して行っています。 アフターケアの充実 現地○○箇所のツアーデスクを設けており、すべてのツアーデスクが窓口となり、日本語で対応しています。

出発前の準備

グアムは東京から南へ2,600km、淡路島ほどの大きさでミクロネシア最大の島です。アメリカの準州で、首府はハガッニャ。サンゴ礁に囲まれたとても美しい島です。

グアムの気候

熱帯海洋性気候で、年間平均気温は26℃。一年中ほとんど変わることはありません。雨季(7~11月)と乾季(12~6月)があり、年間平均降雨量は約2600mm。雨季でも、一日中降ることはめったになく、ザッと降ってスッキリ止むスコール雨。日射しは強いですが、海からの風が心地よく吹いていますので、じとじととした暑さは感じられません。

電子渡航認証システム(ESTA)

グアムに短期商用・観光目的にて入国する際には、2つの査証免除プログラム「米国査証免除プログラム」と「グアム・北マリアナ諸島査証免除プログラム」があります。日本国籍のお客さまで45日以内の滞在の場合は「ESTA(電子渡航認証システム)」への登録は必要ありませんので「グアム・北マリアナ諸島査証免除プログラム」をご利用の上、入国して下さい。一方、「米国査証免除プログラム」をご利用の上、入国される場合は「ESTA(電子渡航認証システム)」への登録が必要です。登録はお客さまご自身で行うことも可能ですが旅行会社でも代行入力(有料)を行っております。

ESTA

おこづかい

現金(円からUSドル)両替は日本で。

チップや電話、細かい買い物には現金が必要です。グアムは日本より交換レートが悪いので、出発前に日本で両替を済ませた方がお得です。$1、$5、$10といった小額の紙幣を準備すれば便利です。

現金よりトラベラーズチェックが安心。

トラベラーズチェック(USドル)は券面に金額が記載された旅行者用の小切手です。旅行会社・郵便局・銀行で購入できます。購入したら全部の券面の所持者欄にサインし(漢字でOK)、使用時にもう1ヶ所にサインをします。紛失・盗難時は再発行が可能です。控えは別に保管し、使用記録もメモしておきます。

まとまった支出はクレジットカードで。

カードはID(身分証明)としても役に立ち、各種サービスなどの付加価値もありますので 1枚は携帯しておきたいものです。カードの期限と限度額は出発前にご確認ください。伝票の金額は確認の上でサインしてください。カード番号と連絡先は別に控えておきましょう。

チェックリスト

  • ESTAの準備は?
  • 持ち物の準備は?
  • お小遣いの準備は?
  • 旅行傷害保険の加入は?
  • 空港への足の確保は?
  • 事前申込はされましたか?
    (オプショナルツアー、レンタカー、駐車場、荷物宅配など)

グアムでのT・P・O

観光やショッピングには...

いつもの夏用の服装で十分です。ただし、強い日射しを防ぐために、サングラス、帽子の準備を。店内や観光バス内での冷房対策に薄手の上着の用意を忘れずに。


ビーチへは...

もちろん水着。その上にビーチウェアか、Tシャツを羽織り、サンダル履きで。ビーチタオルを忘れずに。リーフ(環礁)を歩くにはジョギングシューズなどが安全です。


レストランで...

カジュアルな店では普通のリゾートウェアで、ホテルのダイニングルームや高級店では女性はワンピースなど、男性は襟と袖のあるシャツにスラックス。どちらにしても、レストランではサンダル履きは厳禁。


出発当日は...

機内でゆっくりできる普通の服装で。冬は重ね着ルックでの出発がおすすめ。空港にある手荷物サービスにコートを預ける事も出来ます。


知ってると便利!

硬貨の通称

1セント:「ペニー=Penny」
5セント:「ニッケル=Nickel」
10セント:「ダイム=Dime」
25セント:「クォーター=Quarter」

ページトップに戻る
Copyright(c)2003-2009 All rights reserved by Holiday Tours Micronesia (Guam), Inc.